生活拠点の選び方が重要?単身赴任生活を満喫するための工夫を学ぼう!


仕事の都合による転居でも住み心地にはこだわる

単身赴任は名前の通り、家族を残して別の地域の勤務先で働く行為です。単身赴任は基本的に一定期間を過ぎたら再び元の職場へ戻るので、赴任中の生活拠点は適当に選ぶ傾向があります。しかし、仕事の都合による転居であっても単身赴任の間はそこが自宅になるので、住み心地へのこだわりを忘れてはいけません。自宅の居心地の良し悪しが仕事のモチベーションを左右することもあるので、通勤時間や近隣の環境、間取りなど様々な事柄を慎重に確認することを心がけます。

単身赴任の期間によって生活拠点を決める

単身赴任における家探しにおいて重要なことが赴任期間です。年単位であれば借家やアパートに入居するのが普通ですが、一年未満の短期の場合、賃貸物件に入居できない可能性もあります。短期契約を受け付けていない家主は少なくないので生活拠点を探す際は注意しなければいけません。数週間程度ならホテルなどの宿泊施設に連泊することも選択肢に入りますが、数か月ほどの長さになると宿泊費が膨大な金額になります。そのような場合は月単位で入居できるマンスリーマンションが便利です。家具や家電製品など、生活に必要な備品がひと通り用意されているのですぐに入居することができます。

自身の体調管理を疎かにしてはいけない

単身赴任に従事する人の多くは手間がかかるという理由で家事を疎かにしがちです。毎日の食事も出来合いの惣菜や店屋物で済ませるようになり、栄養が偏ってしまいます。夜ふかしや深酒など不摂生な状態に陥りやすいので、自身の体調管理には厳しく取り組むことが重要です。家族とこまめに連絡を取り合い、孤独を感じないようにすることで自身の体を労わる気持ちが芽生えます。

単身赴任で新たに家具を購入すると、赴任を終えて自宅に戻る際、それらを処分することになります。家具備え付けの物件で生活をして、小さい物だけを購入するのが単身赴任の家具選びのコツです。