大切な人たちだけ?少人数結婚式のメリット・デメリット


増える少人数結婚式のメリット

近年では、会社関係の人などは呼ばずに本当に大切な人とだけ時間を過ごしたいとして、少人数での結婚式を行う人が増えています。
数人~30人程度の人数を招待し、家族や親戚、親しい友人などの近しい間柄の人だけを招待することが多い結婚式です。
少人数結婚式のメリットとしては、ゲストへのもてなしがしやすいということが挙げられます。ゲストの好みに合わせたおもてなしをしやすく、個別に料理を準備したり、少人数だからこそ赤ちゃん連れなどでも抵抗なく参加しやすくなっています。
アットホームな雰囲気で行えるため、両家の距離を近づけられる、リラックスして式に臨めます。
また、比較的準備が楽なのも新郎新婦には嬉しい点です。少人数だからこそ料理や引出物などの手配が少なくて済みます。

少人数ならではのデメリット

招待客の少ない結婚式はメリットが多いですが、招待客が少ないからこそのデメリットもあるため注意が必要です。
デメリットとしては、会場が限られてしまうということが大きいです。会場の中には大人数でしか借りられない条件があるケースもよくあります。仮に会場が借りられたとしても、人数に対して会場が大きく寂しい雰囲気になってしまったということも考えられます。
そのため、少人数でも対応している式場を選ぶなどが重要です。
また、アットホームではありますが、盛り上がりに欠けてしまうこともあります。そのため、演出を工夫することで場を盛り上げるようにしていきます。
そのほか、予算の自己負担額が増えてしまうこともあるため注意が必要です。

少人数結婚式は、数名から30名くらいまでの招待客で行う結婚式のことです。親族やごく親しい友人だけの式なので、アットホームな雰囲気がメリットです。