ゲストも思わず涙。感動的な演出で印象深い結婚式を挙げよう!


期待を裏切らない感動があるベールダウン

結婚式の定番演出として人気の「ベールダウン」。花嫁が挙式でバージンロードを歩く前に、花嫁の母親がウェディングベールを下ろす、感動的な儀式です。
ウェディングベールには花嫁を守ってくれるという言い伝えがあり、母親が最後のお世話として花嫁のウェディングベールを下ろします。
厳かな挙式の最初に行われるこの儀式は、とても神聖なものです。お支度室や、チャペルの扉が開く前など、ゲストの目につかない場所で行うこともできますが、せっかくなのでゲストにチャペルの扉が開いてから、ゲストに見届けてもらうのが良いでしょう。
感動的なワンシーンにゲストも思わず涙してしまう、感動的な演出です。

中座のエスコート役をどう紹介するかでも感動演出に!

披露宴では、お色直しをする花嫁も多いもの。そのための中座がありますが、支度に時間がかかる花嫁だけ、新郎より先に中座することがほとんど。
中座のための退場のエスコート役に選ばれるのは、兄弟姉妹や祖父母、親友などではないでしょうか。この役目に誰を選び、どう紹介するかによっても、感動演出になるか、ワイワイ楽しい演出になるかが変わってきます。
例えば、仲の良い兄弟や姉妹であれば、ほほえましい雰囲気になりますが、幼いころの思い出を紹介してもらったり、花嫁から兄弟や姉妹に向けた簡単なメッセージがあるとぐっと感動的な印象にもなります。
にぎやかで楽しいシーンが多くなる披露宴ですから、真ん中に一度感動的なシーンを挟むと、パーティにもメリハリがついて印象深くなりますよ。

郡山の結婚式場では広々とした邸宅でのゲストハウスウェディング、美しく輝くステンドグラスの中でのチャペル挙式など、美しい自然の中で2人の理想的な結婚式を実現できます。